カテゴリ:薪ストーブ( 100 )

いよいよ。

薪ストーブシーズン到来♪

e0096485_14393468.jpg


慌てて煙突掃除(^^)v

e0096485_14395593.jpg


良い薪 を使ったはずなのに、煙突の中は煤だらけ(*_*;

e0096485_14405248.jpg


子供達も大きくなって

e0096485_14411645.jpg


頼りになるお手伝い(^^♪

e0096485_14415945.jpg


ちょっと張り切りすぎて

e0096485_14423587.jpg


「灰が欲しい」という人のために取って置いたバケツを蹴飛ばし灰まみれ(^^;)


e0096485_14435443.jpg

           恒例の(?) ビフォー    →     アフター
こんなに綺麗になりました♪


e0096485_14452133.jpg


そして、先ほど今シーズン初の火入れ(^◇^)

楽しい季節の到来~♪♪♪







             **************************************
[PR]
by sono-sono-house | 2011-10-20 14:47 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪割りの友。

薪を割り始めると、やってくる・・・

e0096485_15405774.jpg

                        『薪鳥』←夫の名付け(^^;)

一人で作業する事が多くなってきた、夫のトモダチ(^^)









           ***********************************
[PR]
by sono-sono-house | 2011-05-07 15:43 | 薪ストーブ | Comments(0)

エコ暖房。

「空気の公害」について調べていた娘1号。

e0096485_11131694.jpg


空気の汚れ→臭い→煙→煙突→薪ストーブ
と、たどり着いたようで・・・

e0096485_11134389.jpg


何故か、「薪ストーブはこんなにすごい!」というコトをレポートしていました(^^;)

e0096485_11201798.jpg


いらないものをもらってくる・・・とは言っても、
生きている木を、切って、割って、燃やして温まる薪ストーブ。
娘1号は、そんなことをしていていいのか?今まで悩んでいたようです。
(毎日毎日、薪のコトばっかりで、イヤだし~~←こっちが本音かも!?)

e0096485_11221856.jpg


調べていくと・・・
『薪の燃焼によるCO2については、植物のライフサイクル全体でCO2の収支はゼロという考え方です。
植物は成長過程で光合成によりCO2を体内にため込みます。
だから、燃やすことによって発生するCO2はもともと大気中に存在していたものだということです。』

e0096485_11265518.jpg


『薪として使っているものは、森林の間伐材。
つまり薪を生産することで、林業の衰退などで荒れ果てた雑木林の再生にも繋がるのです。
その結果、CO2を吸収してくれる健全な木々を育てることにもなる』
というコトがわかった娘1号。

e0096485_11282779.jpg


「薪ストーブってすごいんだぁ~~!!」と、今頃感動しています(^^)

木を燃やして二酸化炭素を出しているから、環境に悪いと思っていたんだけど・・・
『収支ゼロ』ってことは、いいんだよね!」

e0096485_11285955.jpg

「早く育つから杉を植えよう!50年後の住宅ブームで使えるぞ!!」
ってたくさん植えた杉の木も、結局使わなくてそのまんま。
今は花粉を撒き散らして、大迷惑(>_<)

そんな山のコトにも、私達のような“薪ラ-”が「欲」という名の暖かい目(!?)で森を見たり、
杉の木や葉っぱを焚き付けに使ったり、りっぱな広葉樹に萌えたりすることで
少しは地球に貢献しているんじゃあないかな~~と(^^)

e0096485_11314172.jpg


空気の公害問題について答えるはずの宿題で、
何故か薪ストーブについて熱く語っている娘1号(小6)を見ながら、思う私。。。


「薪割り&薪運び、今度は楽しそ~うにやってね!頼むよ~~!!」


またまた夫が集めまくった原木を見ながら、願う母(^^)v 



                 ・・・宿題はコレでよかったのだろうか???








             **************************************
[PR]
by sono-sono-house | 2011-02-24 14:38 | 薪ストーブ | Comments(2)

筋肉痛。

土曜日が「雨のち晴れ」で、日曜日が「晴れ」
そんな予報が出ていた金曜日、子供達の通う小学校では、お昼前に運動会延期が決定!

これで 朝、空を見ながらお弁当を作らなくて済む~~!!と、喜ぶ私(^^)v

しか~し、子供達は月曜日の授業をするってことで、お弁当持参で登校して行きました。

e0096485_11402319.jpg


今回は、お弁当お届け隊のメンバー(妹達)と見事に運動会が重なってしまい、子供達も私もがっかりしていた所での運動会延期。
山を下った所や、山の向こうの学校は、予定通り運動会を開催するってことで
「やった~~!!見に来てくれる~!!」\(^o^)/と、喜ぶ子供達と
「やった~~!!おかずが増える~~!!」\(^◇^)/と、喜ぶ私。

子供達は学校なので行けなかったけれど、私と夫+おじいちゃんのオトナ3人で、山の向こうの運動会を観に行きました♪
「誰も来てくれない・・・」と、ガッカリしていた姪は大喜び(^◇^)
ちょっとだったけど、“お外でお弁当”は美味しいし、行って良かった~♪


e0096485_11501299.jpg
慌てて帰ってきた理由は、予定していた煙突掃除。
朝降っていた雨もすっかり上がったし~、
暑い暑いと思っていたら、急に寒くなっちゃうんだも~~ン(^^;)

e0096485_11515745.jpg



煙突掃除も、“2回目”となると慣れたもの♪
煤で家の中を汚さないように、ビニール袋も二重になってます(^^)v
ブラシを入れると、袋の中にサラサラサラサラ、たまにはドサッっと煤がたまっていきます。


e0096485_11531378.jpg
e0096485_1154988.jpg







e0096485_11565920.jpg

伸ばしたハシゴを登って横向き煙突の蓋を外します。

e0096485_11581344.jpg







  かなり高いので、ハシゴもグラグラ
  夫の足もグラグラ
  私もハラハラ



苦労の甲斐があって、煙突はピッカピカ(^^♪
e0096485_14304054.jpge0096485_14305388.jpg 








                  Befor      →       After

e0096485_14363666.jpge0096485_14365969.jpg








         端に付けたゴミ袋には、煤がどっさりたまってます(^^;)

e0096485_1438694.jpg


温度差の少ない室内煙突の灰はサラサラなのに・・・


e0096485_14385796.jpg



冷やされる外の煙突の灰は、ベッタベタ。


e0096485_14395475.jpg

ダンパーを付けて初めての煙突掃除。
ナゼか、煙突の取り外しや取付が大変で、ヘンな格好で力を入れた夫や、煙突を抱きかかえて押えていたり引っ張ったりしていた私は、ヘンなところが筋肉痛(**;
しかも、2日後に痛くなりました~~←老化(-_-;)



そして、汚れていないはず!の家の中は、またしても煤だらけ・・・
帰ってきた子供達の足が、あっという間に真っ黒で、気付いた私←遅すぎ(^^;)


   冷えてきた夜、キレイになったストーブに火を入れてぬくぬく(^^♪
e0096485_1444333.jpg

          寒くなるのが楽しみ♪ だなんて、幸せ~~~(^◇^)

















     **********************************************
[PR]
by sono-sono-house | 2010-09-28 14:55 | 薪ストーブ | Comments(2)

盗難。

我が家の薪作りの安全を、温かい目で見守ってくれている薪神様
↓この日は確かにあったのに・・・
e0096485_1354499.jpg

ない。。。。
e0096485_13562781.jpg

だから、お餅は食べちゃおう!って言ったのに~~
淋しく残る薪の跡・・・(*_*;
e0096485_1359050.jpg

犯人は・・・
e0096485_1421672.jpg

サルかいのしし・・・もしかして、しか??まさか、くま???
e0096485_1431637.jpg

ヒト ではないところが、山暮らしのいい所・・・(^^;)
[PR]
by sono-sono-house | 2010-05-26 14:08 | 薪ストーブ | Comments(0)

空っぽ。

天気のいい休日は、久しぶりに薪作り。

4月半ばまで寒かったので、薪の使用料は予想以上!
空っぽになってしまった薪棚に、来年の薪を積む事にしました(^^)

e0096485_15192768.jpg


雨ざらしにして置いたこの薪を、空っぽになってしまった薪棚に積み込みます。

e0096485_15202581.jpg


奥の方には、見栄えの悪いものを積んで、手前はかっちょいいのを積む。
                              ・・・というのが、夫のこだわり。

e0096485_15221214.jpg

            暑いので、こ~やって休憩しながら積んでいきます。

e0096485_152329.jpg

            こ~んなにあった 雨ざらしの薪も・・・

e0096485_15234921.jpg

                   すっからかん(^^♪

e0096485_15243829.jpg

                そして、薪棚は満タンに・・・(^◇^)
[PR]
by sono-sono-house | 2010-05-24 15:26 | 薪ストーブ | Comments(2)

アレ、欲しい。

年々 物欲が無くなっている・・・という話をしたばかりですが・・・

家の窓から見えるものが 欲しくて、欲しくて、たまらないのです。。。

              「どうやったらもらえるんだろう??」

誰に聞いても分かりません。
それどころか、「もらうのは、きっと大変だよ~」と言われてしまうほど・・・



何か?・・・って???

e0096485_10351210.jpg


道路管理会社の敷地内で伐採された木!!!

作業員の方々がチェーンソーの音を響かせて伐採している所も見ていました。
細かく割り始めたので、搬出し始めたら声を掛けてみよう!と観察。
あわよくば、ダンプに積んだ所で家に運んでもらおう!と考えていた私(^^)
ところが、細かく切ったものを積み上げて作業が終わってしまったのです。。。

           「え~~~!?アレで終わり~~!?!?」

まさか・・・、あのまま腐らせてしまうなんてことは・・・
毎日 毎日、自然と目に入る場所なだけに、ドキドキしてしまう薪ラーな私(^^ゞ

管理会社に出向いて「アレ、下さい!!」と言ってみようかとも考えました。
けれど、簡単に敷地内に立ち入らせてはくれないでしょう。。。
柵の中に入れたとしても、この急斜面!機械は使えないし、私が運び出せる大きさではありません。。。

             「もったいないよね~、欲しいな~~。。。」

毎日 毎日 眺めてはため息をつく私(を黙らせるため?)に、夫からのプレゼント。

e0096485_1045345.jpg


道路沿いの平らな土地で伐採された “ハリエンジュ”(通称“ニセアカシア”←こっちのほうが有名!?)をもらって来てくれたのです\(^◇^)/

e0096485_10522862.jpg


成長が早いのか?繁殖力が強いのか?
「アレ?あんな所に 木 あったっけ??」というような場所で、春になると緑の葉っぱを大きく茂らせている木です。
最近、増えてますよ~!

e0096485_10541181.jpg


その繁殖力が問題になったのかどうか分かりませんが、河川敷などで伐採されているのを目撃します。
・・・そして、私の『欲』がムラムラと・・・

e0096485_10583146.jpg
「ね~ね~、今日川原で木を切っていたんだけど、アレどうするのかな??」
すると、夫は諭すように言うのです。。。
「ウチにある木だけで、2~3年は大丈夫だから。。。」


e0096485_1114472.jpg
「じゃあ、その先はどうするのよ~?もらって来ようよ~!」
『欲』の塊になっている私に、
「すぐに割れないし、そんなに長い間置いておいたら、腐っちゃうの!」
と夫が諭す。。。(^^;)


e0096485_1154849.jpg


川原を通るたびに、伐採された木と ナゼか切り株にまで熱~い視線を送る私。。。

e0096485_1123322.jpg


無くなった と思っていた私の“物欲”は、木に注がれているようです。。。(*_*;
[PR]
by sono-sono-house | 2010-03-26 12:15 | 薪ストーブ | Comments(2)

火育て。

煙突にダンパーを取り付けてから、熾き火が残っていることが多くなりました。

        熾き火=赤くおこった炭火・薪などが燃えて炭のようになったもの・消し炭
   
我が家は、毎朝 毎晩 薪ストーブに火を入れているのですが、
最後の薪を入れてから8~10時間後の、夕方や翌朝まで、灰の下で小さな熾き火が燃えています。
だから、ストーブの本体も100度あるし、家の中はポッカポカ(^^♪

e0096485_14403124.jpg


小さな熾き火を見つけると、思わずニヤリ(^^)
灰をつっつき、熾き火をひとまとめにします。
そして、その上に杉の葉っぱを乗せると~~

e0096485_1450829.jpg


シュワシュワ シュワシュワ 黒い煙が出てきます。
ストーブ本体が暖まっているので、煙も逆流せずに煙突に吸い込まれていきます。
焚き付け用の細い枝や木を投入している間に・・・

e0096485_1452060.jpg


いきなり ボワッ と火がつくのです!

マッチを使わずに火がついたときには、思わず「ヤッタ!!」(^^)v と思ってしまう私・・・

e0096485_14542578.jpg


                    火育て 成功!!




さっきまで雨だったのですが、予報通り雪に変わりました。
あっという間に 真っ白デス(^^)
嬉しくて 傘もささないびしょ濡れの子供達も帰って来るし、
そろそろストーブつけようかな~。
今朝の熾き火は残っているかな???
[PR]
by sono-sono-house | 2010-02-01 15:09 | 薪ストーブ | Comments(0)

愛読書。

e0096485_1425086.jpg

←かれこれ1年、夫が持ち歩いている本。
“樹皮”とは、樹木の幹や枝の表面を覆う皮状の組織の事で、


e0096485_144353.jpg


若木、成木、老木 それぞれの樹皮の写真と、葉っぱの写真。
樹形やどこに分布しているか、そして利用法まで詳しく書かれています。


e0096485_1491842.jpg

薪ラーとなってから、気になる木を見つけると、葉っぱをいただき このハンドブックで何の木なのか調べる夫。

e0096485_14131077.jpg
                  これは、ミズナラだね。

                       とか、

e0096485_14141945.jpg
               あの木は ウリハダカエデって言うんだ~ 

                                と、勉強しています(^^;) 


e0096485_14164132.jpg 

まだ 1Q84 を読み終えていない私デスが・・・
図書館で こ~んな本を見つけました♪



e0096485_14183037.jpg 

人間が、どのようにして 火 を使うようになったのか?火のおこし方や、焚き火の仕方、竹筒を使ったご飯の炊き方などが、イラスト入りで書かれています。・・・子供用ですが(^^ゞ
ペラペラぺラっと眺めていたのですが、最後のページの表を見て 思わず借りて来てしまいました~(^^;)

e0096485_14213794.jpg
 
『おもな樹木の薪としての性質』と書かれた表には、比重、材の特性、水を含む率、着火性、火力、煙、火持ち が書かれているのです!!


この表で、火持ちが“優秀”なものだけ 調べてみると・・・ 

e0096485_14304691.jpg


←イタヤカエデ


e0096485_14322228.jpg


              ミズナラ→

イタヤカエデとミズナラは、やや重硬 だそうです。

e0096485_1436363.jpg 


←ダケカンバ        


e0096485_1437412.jpg



                ミズメ→


e0096485_14372923.jpg


←アオダモ


e0096485_14383829.jpg


                クヌギ→


e0096485_14385819.jpg



←カシ

これらは、重硬で割れにくい ようです。


調べてみると、聞いた事もないような名前の木もあるんですね~~
木 も、奥が深いですね~~(^◇^)


そして、この本の“あとがき”が 私の心をぐぐっっと掴んだので、ちょっとご紹介(^^♪

『火が身近なものだった昔は、火の扱いについては 自然と生活の中で身につくものでした。

毎日の暮らしの中から、赤く燃える火が消えようとしています。
お湯を沸かすのも、部屋を温めるのも、スイッチ一つで行われてしまう。
そのせいか、マッチで火をつけたことがないという子供や、火にさわると熱い、火傷をする、という事を知っている子供達が少ないことに驚くと同時に、心配になります。
このまま火を見たことのない子供が増え続けて大人になってしまったら、どんな社会になるだろうと。

どうか、安全な場所、ルールの中で、できるだけ子供達に火を体験させてあげてください。
火と遊んだことがなければ、その危険性についても理解することは出来ません。

火は人間の豊かな感受性を育てると、私は思っています。
たまには親子で火を囲み、いろいろなおしゃべりを楽しみながら、太古より人間が火とどう向き合ってきたか、じっくり考える時間を持ってくだされば幸いです。』


e0096485_1551970.jpg


「火で料理がしたい」「火を子供達に見せたい」と、ガスコンロにした夫。
そして、ガス代対策(?)として入れた薪ストーブで、火のある暮らしを楽しんでいる私達(^^♪

         よ~しっ!!次は キャンプだぁ~~~!!!←必要ナイ!?(^^;)
[PR]
by sono-sono-house | 2010-01-29 15:11 | 薪ストーブ | Comments(2)

遊んだ後は。

e0096485_1482785.jpg

またまた 薪作り(^^)v

←夫は玉切り・・・


e0096485_1494715.jpg


子供達は、薪運び♪


e0096485_1411510.jpg



←この、黒っぽく乾いた薪すべてを、すっからかんになってしまった薪棚に運びこみました(^^♪

e0096485_14124782.jpg

出来立てホヤホヤの薪を、空いたパレットの上に積み上げます。


e0096485_14134812.jpg


←こ~いう手強いものは、斧や薪割り機では割れません。
チェーンソーでめった切り!




e0096485_14172153.jpg
                 薪棚も満タンになりました(^◇^)



ド田舎で生まれ育った私デスが・・・虫が嫌いです。
大抵の人が嫌がる へびやイモムシ、カエルはいいのですが、羽があって飛び回る昆虫系が苦手で、触る事も、叩く事もできません(>_<)
しか~し、薪生活と息子のおかげで、この昆虫サンたちと仲良くなってきたのです。
薪を割れば出てくるし、積み上げた薪の間は 虫達の越冬場所のようで・・・
出てくる!出てくる!カメムシやてんとう虫!!
数匹で寄り添っていたり、隙間でジ~~としていたり・・・
気持ちよく眠っている所を、冷たい地面に叩き落すわけですが・・・・←鬼(^^;)

室内に持ち込んだ薪からは、部屋が暖まる頃、春と勘違いした虫たちが「ブ~~ン!」
てんとう虫だと許せるのですが、だいたいカメムシなので・・・(-_-;)
追跡し、水に溶ける紙の上に乗ってもらい、そのまま水流でサーフィンをしながら出て行ってもらってます。
最近は、手が震えることもなく、紙に乗せるのもうまくなり、「またカメ~」と言いながら追跡している私。
慣れてきたとは言うものの、次から次へと出てくるカメムシに疲れて決めたコト・・・

              『家の中に薪を持ち込まない。』

このために作った薪棚から、サッシを開けて 1本ずつ室内に入れています(^^)v


e0096485_14185772.jpg
この日も、いろんな虫たちとご対面~♪
カメムシ、てんとう虫、イモムシやワケの分からない虫まで・・・みんなじ~~っとして春が来るのを待っていました。
起こして ごめんね~~




e0096485_14564898.jpg
            春が来るのを、じ~~~っと待てない私達(^^)v
[PR]
by sono-sono-house | 2010-01-28 15:14 | 薪ストーブ | Comments(2)


ド田舎暮らし 満喫中♪


by sono*

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
建築日記
庭作り
暮らし
薪ストーブ
薪ストーブ料理
石釜
日々のこと
おでかけ
てづくり
てりょうり
おいしい話
畑のこと
犬のこと
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

リンク

最新のコメント

鍵さん♪ ありがとうご..
by sono-sono-house at 10:47
山王さん♪ ありがとう..
by sono-sono-house at 11:13
入試、おめでとうございま..
by 山王 at 22:44
山王さん♪ 採れたて野..
by sono-sono-house at 11:23
いいわね~(^。^) ..
by 山王 at 22:14
タムちゃん♪ ありがと..
by sono-sono-house at 14:40
おめでとー♪おめでとー♪..
by タム at 17:46
山王さん♪ ガラケー仲..
by sono-sono-house at 15:40
私も昨年5月に調子が悪く..
by 山王 at 17:42
kyotachan♪ ..
by sono-sono-house at 10:47

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧